5レーザーマーキングマシンのマーキング品質に影響を与える主な要因

レーザーマーキングマシンは、長期間使用すると性能が徐々に低下します。これの原因は何ですか?レーザーマーキングマシンのマーキングの品質に影響を与える主な要因は何ですか?

1.レーザーマーキングマシンの焦点位置

レーザーマーキングマシンの焦点位置は、マーキング品質に影響を与えることです。最大のパワーと効果を達成するための焦点位置でのみレーザー、正しいかどうかを判断するための焦点位置、加工の品質に大きな影響があり、加工効果を達成するためにワークピースで正しい役割を果たしているかどうかレーザーに影響を与えます。レーザー加工中に振動レンズの高さを調整することで、レーザーを最強の状態に到達させることができます。(最も強い状態は、大きなビープ音のような音を伴う、まばゆいばかりの青白色の光を発するレーザーによって示されます)。

2.レーザービーム集束の性能レーザービーム集束性能は、マーキング品質に直接影響します。レーザービームの焦点は非常に小さいため、そのエネルギーは非常に集中しています。良好な集束性能がなければ、理想的なレーザースポットを得ることができず、レーザーの高エネルギー密度を使用できず、レーザーマーキングマシンを実現できません。最良の焦点合わせ状況では、ビームウエストは常にスポッティングミラーとターゲットの間に配置されます。

3.レーザービームの移動速度

レーザービームの移動速度も重要な要素です。レーザーと材料の相互作用プロセス、レーザービームの速度は、レーザーと材料の相互作用の効果に影響を与えます。

4.レーザーマーキング機の冷却方法

レーザーマーキング機の冷却方法をおろそかにしないでください。冷却システムは、レーザーマシン全体が安定していて持続可能なマーキングの前提であり、熱はレーザーの脱出に影響を与えるだけでなく、回路システム、空冷装置を介したファイバーレーザーマーキングマシンにも影響を与え、本体の内部温度を下げます。機械の故障を減らし、機器の安定性を向上させ、少量の高速熱放散を実現します。

5.レーザーマーキングの材料

実際、同じレーザーマーキングマシンは、異なる物質をマーキングするため、その細い線も異なります。使用するレーザーエネルギーが異なると、マーキング線の細い効果も異なります。


投稿時間:2020年11月2日