レーザー彫刻機の選択

数年前、レーザー彫刻機は技術的な制限のために小さなフォーマットの彫刻しか実行できませんでした。

技術の継続的な更新と開発により、現在製造されている制御マザーボードは大判彫刻を十分にサポートできます。

その結果、低構成のレーザー彫刻/切断機も誕生しましたが、制御システムのみが改良されたため、機械構造がアップグレードされておらず、機械の精度と速度は大幅に向上していません。

ハイコンフィギュレーションレーザー彫刻機は、デザインと構造がまったく異なります。制御システムと機械部品の両方が、低構成よりもはるかに優れており、機能は比類のないものですが、その高価格は多くのユーザーをひるませます。したがって、ユーザーは本当に必要なものを選択する必要があります。そうでない場合は、料金を支払うことになります。


投稿時間:2020年10月26日